目標を設定する

目標を設定するには、自分自身に正直になって、人生で本当にほしいものは何かについて思いをめぐらすことが必要になる。それは、いまこの瞬間、1年後、そして遠い将来、自分自身や家族のために何がほしいかについて、時聞をとって考えることを意味する。それには、子供の将来に対する親の強い願望も含まれるかもしれない。この程度の目標設定など時間のむだだと思う人がいたら、考えなおすようにお勧めする。

「戦略的コーチ」プログラムというもので、ダン・サリパンが開発し、運営している。このプログラムは、個人の継続的な成長を実現し、人生設計の作成に役立つ「7つの規則」に重点を置いている。「戦略的コーチ」が3か月に1度あなたに会い、目標の達成度をチェックしてくれる。

「戦略的コーチ」プログラムが重視している、一生成長し続げるための7つの規則とは、次のようなものだ。

  1. いつも、過去よりも未来をもっとすばらしいものにしなさい。
  2. いつも、与えられた報酬よりも多くのものを与えなさい。
  3. いつも、経験した以上に多くのことを学びなさい。
  4. いつも、賞賛されたよりも大きな業績をあげなさい。
  5. いつも、成功した以上に多くの感謝をささげなさい。
  6. いつも、努力した以上に大いに楽しみなさい。
  7. いつも、心地良さよりも自信が大きくなるようにしなさい。

もう1つのすばらしいプログラムは「家族の目標設定」プログラムだ。このプログラムは、仕事と家庭のバランスをとることに重点を置いている。ウイークデーの仕事の計画を立てるのに、どのくらいの時聞を使っているか、ちょっと考えてみてほしい。家族と過ごす時間や夫婦の時聞についてプランを立てるのに、費やしている時聞はどれくらいだろうか。あなたが私のような人間だったとしたら、仕事の計画を最優先するはずだ。私は、家族の目標を立てるのにほとんど時間を使っていなかった。