運用資産としての不動産

運用資産に 不動産を組み込むことが重要?
これからの資産運用では、投資対象に“インフレに強い”不動産を組み込むことが大切です。個別物件を取得 し賃貸に回すだけでなく、 最近では REIT (不動産投資信託) を買うという手もある。 21世紀 に生きる個人投資家は、将来のインフレに対する備えをしておくといいかもしれません。
資産運用といいますと、株式、債券、投資信託、外貨預金などの「金融商
品」の中で資金を割り振ることを考えます。 しかし、いくら金融商品を対象に分散しでも、それは所詮、 金融商品の中での話です。合理的な資産運用を進めるためには、これらの金融商品とは違う“性格”を持つ、異なった“値動き”をしやすい投資対象物に資金の一部を入れるべきなのです。そうした投資家のニーズに応えるもの、それが不動産 (REIT を含む)です。

One comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *