中古価格の下落

住宅の中古価格(流通価格)は、「人が1日でも居住すると、ストンと下がる」
と言われます。その中古価格の下落たるや、実際に経験してみますと思わず留め息が出てきます。こんな状況を前に、新築マンションを買って賃貸に回そうとする人は、どうやって採算が取れると判断をしているのでしょうか。賃貸用に新築マンションを購入する場合、これからもしばらくの間は、購入後の物件価格(中古価格)の下落が大きく、採算が取れない状況が続くと思われます。 日本の人口は“減少”しています。さらに全国には600 万戸を超す空き家があるのです。このため、不動産価絡はこのまま下がり続けると言う専門家もいるほどです。
いずれインフレの波がやってきて、不動産価格は上がるだろう
という意見もありますが、これからの不動産 (中古)市場では、新築物件を買った後、数年間の値下がりは避けられない。そして、中古物件では「良い物件」と「悪い物件」の価格差が広が
る一方だろうということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *