学習とネットワーキング

物件オーナーに連絡を入れるというあなたの初めての経験が、最終的に物件の購入につながるかどうかはそれほど重要ではない。このすべての練習は、練習すること自体に価値があり、行動することによってのみ習得できる学びなのだ。

私は、自分がどんなにマーケットを熟知していると思っていても、改めて物件のオーナーと話をすると新しい知識を手に入れることがよくある。マーケットやサブマーケットの中にいる物件オーナーと話すことによって、マーケットやサブマーケットについて驚くほど速く理解することができるのだ。さらに、将来への足がかりとなるまったく新しい人々のネットワークを築くことができる。私はこの方法でいくつか新しい物件を見つけている。私がいま所有しているある建物は、最初に連絡を入れたときにこちらが希望する建物を売ってくれなかった物件オーナーを介して手に入れたものだ。私たちは、最初の物件ではなく、そこから数マイル離れたところにある別の物件を取引した。よくあることだ。

以上のすべての作業の目的は、専門家になること、感触を確かめてみること、やり続けることなので、最初の電話が何本か断られでも弱気になってはいけない。これは釣りのようなものだ。針にミミズをつりで遠くへ投げ入れ、何かが針にかかるのを待つ。最終的にはl匹か2匹魚がひっかかり、本格的な行動を開始することになる。その行動こそ物件の初期評価を行うことなのである。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *