支出の見積もり

支出の見積もり以下、支出の見積もりについての注意点を述べる。

・修繕およびメンテナンス

多くの人が修繕費用を低く見積もるが、経験的な法則によれば、物件が古くなるにつれて修繕や維持管理のための支出は上がっていく。常識的に考えても、来年の支出は今年と同じかむしろ高くなるはずである。

・水道高熱費

水道光熱費についての売主の見積は、一見前年の実際の支出と一致しているように思えるが、水道光熱費の標準料金はふつう年々値上げになることを警告しておく。

・不動産

不動産税の支出は、ほとんどピンポイントの正確さで簡単に判断できる。データは、ほとんどの地域でたいていはインターネット経由で入手できる。郡の査定局のウエプサイトに行き、物件検索のページを見つげる。あとは物件の住所を打ち込むだけで現行の数字を入手できる。ほとんどの場合、物件の前年の税額がわかるだけでなく、 1、2年後の予測も見ることができる。将来を重視して、来年の査定額を予測に使おう。物件を売ると、それがもとで税金が増えるケースが多いということを理解しよう。不動産税に詳しいチームメンバーに相談したほうが良いだろう。

・保険

保険は動きの速いビジネスで、保険料率も会社によってかなりの幅がある。物件について 2社の保険代理店から見積をとり 、その数字を予測に使うことをお勧めする。ビジネスが大きくなれば、すべての物件を l本の包括保険でまとめてカバーすることができるようになり、かなりの金額を節約できる。

・設備交換引当金

設備交換引当金とは、電気器具やカーペット、調理台、屋根などの重要な備品を取り換えなければならなくなったときにとっておかなければならないお金である。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です