どこまで自分で行うか

不動産投資・運用を行っていくうえで、基本的には入居者を探したり契約したり、日々の入居者とのやり取り・管理・リフォームなどを行ったりなどの業務は、管理会社などに外注して任せるほうが無難で効率がよいと思われるケースが多いようです。

理由としては投資を行う方が他に本業をお持ちの場合は、不動産の管理などを日常的に行うのが難しくなってくるからというのが考えられるでしょう。
また管理業務・リフォームなどは専門の業者に任せたほうが失敗のリスクが低くなってくるからという理由も考えられます。

ですが定年後で時間が余っている方であったり、建築関連の仕事の経験があったりという方の場合、外注費を抑えるために自分でできる部分はやってしまうというのもありかもしれません。
また趣味でDIYを行っている方なら、リフォームを自分でするのを楽しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。
どこまで外注するのがよいかは人それぞれだといえるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です